UA-66609467-1

2016年02月21日

ホックホク焼き芋の作り方!

わが家では、おやつに焼き芋をよく作ります。妊娠中、授乳中、赤ちゃん、幼児から大人まで、安全でおいしく、腹もちもよいので、おやつに最適です。私の大好物でもあります。
FullSizeRender (5).jpg
私が作る焼き芋は、とっても甘ーくてしっとりしていると、家族にも評判です。なんてことはない、ふつうのことですが、こんな風に作ります。

おいしい焼き芋の作り方
1.さつまいもは、よく洗い、ひどくへこんだところや傷んだところは、包丁でえぐりとる。
2・水分をタオルなどでとり、温めたオーブンに入れ、300度でさつまいもの太さに応じて15〜20分焼き、ひっくり返してまた15〜20分焼く。
はい、できあがり、それだけで、ほっくりおいしい焼き芋のできあがり!

濡らした新聞紙にくるんでアルミホイルで巻いたりする方法もありますが、特にそんな手間のかかることはしません。今日は、オーブンの扉を開けたら、さつまいもの皮が自然にぱっくり割れて、「こんにちは!」していました^o^なんか、とってもかわいらしかったです







スナック菓子や市販のお菓子は、お砂糖や添加物が気になりますが、さつまいもなら安心です。でも、そう思って毎日食べていたら、ヒデ君は、生後半年から二年くらい、さつまいももアレルギーになってしまいました。母乳だったので、私が食べることができませんでした。やはり、一つの物を続けて食べることは、よくないのですね。

さつまいもといっても、たくさんの種類があります。紅あずま、紅はるか、鳴門金時、安納芋、宮崎紅、クイックスイート、紫芋などなど。できれば、いつも同じ種類ではなく、いろいろな種類を順繰りに食べることをおすすすめします。

私もなんだか胃腸の調子が悪い日が続いて、お医者さんに行ってもわかりませんでした。よく考えたら、さつまいもを皮ごと食べると気分が悪くなるということが判明しました。さつまいもの皮には、ポリフェノールが含まれているので、本当は食べられたらいいのですが、そんなことで、私は残念ながら、皮は食べることができません。

冬は、寒くて嫌いだけれど、焼き芋を食べられるので、幸せです


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ranking.gif





posted by なぎさ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
FXプライムの感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。